Children's War Blog

くだらないことを書いてますが、見ていただけると嬉しいです(>_<)

2012年

06月

Category:

ネプテューヌの漫画

超次元ゲイムネプテューヌ めがみつうしん がついに手に入ったので読みました。



率直に言うと、すごく面白いです。予想外でした。



絵はかわいいし、ネプテューヌの世界のゆるい感じを100%表現してる。



何がすごいかって、原作の世界観を全く壊すことなく描かれてるからゲームやってる感覚で読める 。



原作のクオリティを1%も欠いてないので、各キャラの性格もゲームから改変されることなく生き生きと描かれています。




いい意味で期待をうらぎられた。作者さん、天才や。



たまに肌色なシーンもあるし、オリジナルストーリーなので、ネプテューヌファンには絶対オススメです。

2012年

06月

Category:

電撃大王 7月号



にいてんごでらっくすのヘンリエッタがついてきます。


すごくそっくりで可愛いです。


さらにリコとトリエラが誌上通販で購入できるとか。


ガンスリファンにはたまらないアイテムだと思います。

2010年

05月

Category:

迷い猫買おう

とらぶるやあねどきっが終わっても、まだ最後の希望がある。



とらぶると同じ作者さんが描いてる漫画の迷い猫がついに発売。
これは買うしかあるまい。



ナルトの新巻だけ買うのもめんどいし、一緒に迷い猫買おう(むしろ欲しくてたまらない)。

2010年

04月

Category:

つか、オレのバイブル終わってんじゃん。

4月2日。待望のあねどきっ3巻ととらぶるの最新巻が発売されましたが、




どっちも最終巻じゃん。とらぶるはそろそろかなーとは思ってたけど、あねどきっってもう連載終了してたんですね・・・・。
全然知らなかった。



久しぶりに面白い本に出会えたと思ったのに。それにしても、相変わらずこの作者さんは絵うまいし話もうまいよなぁ。



ジャンプへの興味も消えた。ってか今何連載してるかわかんないし。



なんか面白い漫画ないですかね。

2010年

03月

Category:

あねどきっ

僕がまだ身も心も純粋に少年だったころのバイブル"いちご100%"の作者さんの新連載が始まってたみたいです。



ジャンプなんてとらぶるが終わった時点でもう何が連載されてるかなんかわからんくらい興味がなかったけど、まさかこんな素晴らしい漫画が連載されているとは。



本屋さんでたまたま見かけたんですが、やっぱこの作者さんの描く女の子は可愛いですね。ストーリーも中学生がある日突然謎の女子高生とひとつ屋根の下・・・・というこれなんてエr(ryのような内容ですが、いちご100%でもそうだったけど芯がしっかりしててすごく面白いです。



主人公も今回は中学生ってことで多少のヘタレは許そう・・・・・と思いきや、いちごの主人公じゅんぺー君と違ってけっこうしっかりしとる。
やっぱ中学生なので背伸びしようとして空回り気味なとこもあるけど。



それにしても作者さん、なんで女性なのにこんなに男の心理(しかも中学生時代)をこんなにもちゃんと理解してるんだろ。



とにかく久しぶりに面白い漫画と出会えました!

2010年

02月

Category:

デジモンシリーズメモリアルブック・・・・・

今日届きました。一言で言うと最高です。



もうグダグダ細かいことは語りません。とにかくデジモンのアニメが大好きだった人だったら大満足の本だと思います。



ボリュームもびっくり。けっこう分厚いです。ひとつ気になるところは値段のわりにカラーページが少ないところ。ほぼ設定画メインなのでカラーじゃなくても全然問題ありませんが。あと、今まで発売されたデジモンの設定画が載ってる本と内容が被るところもあります。でも、全シリーズを網羅した本は間違いなくこの一冊だけだと思います。



帯に「君が望むなら、きっとまた会える」って書いてありますが、デジモンシリーズの復活もいつか叶うんだろうか・・・・・。




ホントにおススメの一冊。最高の一冊。


2010年

02月

Category:

カロル、リタが載ってる劇場版ファンブックを買う

最近発売されたヴェスペリアの劇場版ファンブックを買いました。



原画が載ってて、映画の内容の解説をちょくちょくやってるだけかなと思いきや、けっこうしっかりとしたキャラ解説があったり、読み物が色々あったりして予想以上に面白いです。



原画はちょっとパンフと被ってるものもありますが、パンフとは全く別物なのでパンフを買った人でも楽しめると思います。



買った一番の動機はやっぱ双子ですけどね。そーいや、PS3版ヴェスペリアにはちょっと出ましたね。
個人的にはパーティキャラとして操作したいので、追加コンテンツで劇場版のエピソードのサブイベントとか無理ですかね(無理です)。



5月にはついに劇場版のブルーレイが発売されますね。ゲーム内で使えるコス称号もついてくるみたいなのでとても楽しみです。

2009年

05月

Category:

ヴェスペリア 漫画

角川から出版されている「ヴェスペリアギャグ漫画劇場 ているずV」という本をAmazonで見かけて、興味があったので昨日ツタヤに行って買ってきました。
ゲームを原作としたギャグ漫画や4コマ漫系は僕にとっては小学生のころに買った爆ボンバーマンの4コマ漫画劇場以来です。表紙がかっこよかったし、ネットでの評判も良かったので買うに至りました。

内容としてはふつうの漫画と4コマ漫画が混ざった形式。ちゃんとゲームにそった内容で展開するのでネタバレももちろんありです。1巻はだいたいゾフェル氷刃海あたりまでの内容。
特筆すべきなのがすさまじいキャラ崩壊。特にエステル。事前に調べていてわかってたけど、とんでもなく腹黒です。ってか怖い。
次いでラピードがアホ犬になった。あとはゲームとあんまり変わらないけどジュディズがちょっとブラックかな。
とにかく、エステルは強烈ですよ。まさに女王様。この人を中心に物語が進んでると言っても過言ではない。
個人的にはドンの孫が特訓するカロルに剣を貸すエピソードが面白かった。
評判通りヴェスペリアをやったことがある人ならかなり楽しめると思います(ゲームのエステルが大好きな人を除く)。
あと、1コマだけだけどリタの制服姿が見られたのはおいしかった。
ってかますますヴェスペリアがやりたくなった。早くPS3版発売して欲しいです。

2009年

05月

Category:

ヴェスペリア 原画

今日、本屋にファミ通でも買おうかなと思って行ってみると「テイルズオブヴェスペリア 藤島康介のキャラクター仕事」という本を発見。
ファミ通を諦めてソッコーで買いました。もともとサイフに1000円しかなかったから定額給付金がなければ買えないところだった。ありがとう、麻生総理。
※ちなみにたしか1800円くらい

ってことで、気になる本の中身ですが、掲載されているキャラはメインキャラ+フレン+デュークだけです。まぁ、設定画集ってわけじゃないから別に少ないとは感じないです。あくまで「キャラクター仕事」ってことでメインキャラのデザイン決定までの経緯とか原画がメインなので納得ですね。
意外に読み物が多かったのが嬉しいです。
でも、あくまでメインキャラの原画集なので値段とボリュームが釣り合うかと言えばそうでもない(良い用紙を使ってるので値段が高いのは当然ですが)。
まさにヴェスペリアのファンのための本です。ってかこの本のシンフォニア版もアビス版もあったんですね。全然知らなかった。

2009年

01月

Category:

HIRO MODE

今日、水嶋ヒロさんのフォトブック「HIRO MODE」を購入しました。
確かに僕は水嶋ヒロさんの大ファン(自称)ですが、かなり金欠のこの時期にノリで勢いにまかせて買ったのは正直後悔しました。
しかし!!そんな後悔もなんのその。とにかく内容が充実しまくり。
写真だけじゃなくて読み物があったり、DVDが付いてたりと至れり尽くせり。
この本は男だからこそ買いですよ。この本を探してきてくれたツタヤの女性店員さんは「ホントにこれ買うの?」みたいな視線を送ってましたが、このかっこよさは男だって惹かれますよ。つーか表紙でいきなりとどめ刺されました。