Children's War Blog

くだらないことを書いてますが、見ていただけると嬉しいです(>_<)

2008年

07月

Category:
ゲーム

ソウルキャリバー?

買いました。ってかPS3のゲームって高いですね。今日はペルソナ4に全力投球してくるのでプレイできるかどうかわかりませんが早くプレイしたいです。次世代機で高画質になったキャラを見るのがホント楽しみです。早くタリムを使ってみたい。

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART20

ついに判明した真エンディングを見るため、再びラストダンジョンへ。足立さんが前回と違ってマハジオダインとか使ってきましたが、ルシフェルのゴッドハンド連発&前回よりもレベルが上がった仲間たちの猛攻でさっさと撃破。続いてアメノサギリ戦。オーディンでコンセントレイトを使って疾風最強の技、万物流転発動!!さぁ、一体どんなすさまじいダメージになるのか!?
・・・・・ミス。すごく楽しみにしてただけあって漫画のオチみたくずっこけてしまいましたが、とりあえず苦も無く勝利。ここからが本番だ。22日までに足立を倒せばクリスマスイベントが見れるということで、無事りせちーと(二回目の)クリスマス。またSP50%アップのアクセサリを貰いました。前回は貰っても効果を発揮する場所ねーじゃんと勘違ってましたが、今回は本当のラストダンジョンがあるのだ。それにしても天城のクリスマスのお誘いをアッサリ断る主人公は鬼。そしていよいよコミュレベルマックスのキャラとのイベント。前回は見れなかった直斗くんとのイベントも無事見ることが出来ました。すべてのキャラのイベントを見終わり、ここからが本番。家に帰らず、まずはジュネスのフードコートへ。一回目は何も起きませんが、めげずに二回目。来たー。仲間たちが集まってきた。しかも足立からの手紙って何?ノーマルのエンディングのときは確かに菜々子が手紙持ってたけどそんなの気付かなかったじゃん。ということで話は急展開。マヨナカテレビやあの世界のそもそもの発端を調べることに。ってか、これ普通にプレイしただけじゃ気付かないっすよ。この条件かなりイジワルですって。もう話の密度が普通のエンディングのルートと全然違うじゃないですか。これ見ないで終わったと思ってたらかなりの大損ですって。とにかく、まずは堂島さんのところへ。ってか町の人に問い詰めるときの主人公の威張った口調が面白い。菜々子がガソリンスタンドでの出来事を教えてくれましたが何もないのでベルベットルームへ(これも気付きませんって!!)。ナントカの宝珠(名前忘れた)を貰った後、ガソリンスタンドへ行くと、初めてこの町に来たときにあったガソリンスタンドの店員が。そこで問い詰めていくとついに主人公が力を手に入れた理由やマヨナカテレビなどの謎が明らかに。ってか店員の正体がイザナミだったということはやっぱりなって感じがします。ペルソナ4をプレイするとき日本神話について色々調べてみるともっと面白くなると思います。そして、再びテレビの世界へ。僕にしては数十分ぶりですが花村くんたちにとっては約三ヶ月ぶりなんですね。ラストダンジョンは黄泉比良坂。今回はりせちーが一発で場所を探知できて良かったです(なんかりせのペルソナは探知タイプなのに一発で場所を見つけられたことほとんどないですよね・・・)。これもイザナミとイザナギの話を調べてみると興味深いです。ここで初めてこの町に来たとき主人公がみた夢の真実が明らかに。これ、ノーマルエンドのとき結局謎のままだったからずっと気になってたんですよ。ってこのダンジョンにいるシャドウ、とてつもなく弱いんですが本当にラストダンジョンですか?中ボスまでりせちーに「コイツはザコだね」と言われる始末。経験値もホントにちょっとしかもらえません。でも、ここの宝箱に入ってる防具はかなりいいものばかり。もっと宝箱のカギをとっておくんだった。ということで今回はここまで。今日こそ真エンディングを見てきます!!

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART19

今知ったんですけど、なんか進め方しだいであと一つダンジョンがあるみたいでそれをクリアすると別のエンディングになるみたいですね。やっぱ、あんなにあっさりとエンディングをむかえられるほどペルソナは甘くない。ってことで明日はソウルキャリバーの発売日ですが、ペルソナを中途半端にして次のゲームをやるわけにはいかない!!早速今からそのダンジョンに挑んできます。

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART18

今回はクリアする前にちょっとしたやり込み。とりあえず、期限ギリギリまで粘ってイベントや会話を全部見ようと思います。それまで暇なので主人公のステータス(勇気とか学力とか)をすべてマックスに。こんなのは別にやり込みでもなんでもありませんが、これからが本番。ステータスアップのためあまりテレビの世界に行ってなかったので完二くんに電話で怒られてしまったのでとりあえずテレビの世界へ。前回までラスボスに挑むメンバーでひたすらレベル上げしてたので主人公がレベル86、仲間たちは81くらいまでレベル上げしました。しかし、主人公のレベルが高すぎて一回の戦闘で1000くらいしか経験値がもらえない。そこで思いついたのがダンジョンへの主人公の単独潜入。果たしてどのくらいの成果があるのかと思えば、なんと一回の戦闘で3000〜4000くらいの経験値が。こりゃすごい。仲間たちはほったらかしになってしまうけど、主人公のレベルはどんどん上がる。途中ベルベットルームに行って、前作である3で終盤お世話になったサタンを合体でゲット。3はルシファー(フェスだとルシフェル)とサタンのミックスレイドのハルマゲドンがボスを一撃で倒してしまうほどとんでもない技だった。しかもフェスで完全版になる前の3ではルシファーが戦闘後にHPとSPが全回復するスキルを覚えたので、向かうところ敵ナシ。ゲームバランスを崩壊させかねないとんでもないペルソナたちでした(単体ではあんま使わなかったけど)。さらに主人公のレベルを上げていくと、ついにルシフェルの合体が可能に。合体の素材に月のサトゥルヌスがいましたが、こいつがなんと一番最後のスキルで術系のスキルの消費SPを半分にするスキルを覚えることが発覚。これをもしルシフェルに継承させることができたらとんでもないペルソナになるのではと思い、早速実行。まずはサトゥルヌスのレベル上げ。次のレベルまで50000以上の経験値が必要でしたが、ここでめげるわけにはいかない。主人公のSPが減っていたのでレベル上げがてら花村くんを連れていくことにしました。二人パーティでも多くてだいたい2500くらいの経験値をもらえるので二人っきりでとにかくシャドウを倒しまくる。ひたすら倒す倒す倒す。そしてついにサトゥルヌスのレベルがアップ。念願の魔術の素養を覚えたのですぐにベルベットルームへ。ここからが本当の勝負だった。合体素材のサトゥルヌスが魔術の素養を覚えてるからと言って簡単に合体後のペルソナに継承されるわけではない。ペルソナとスキルの相性とかなんとかで継承やすいスキルとそうでないスキルがある。もちろん、魔術の素養は簡単に継承されない。ダメだったら前の画面に戻ってまた合体するペルソナを選んで、ダメだったらまた前の画面に戻る・・・・・というころをひたすら繰り返す。なんか3でタナトスを作るときにエリザベスの依頼でこれと同じことを何度も繰り返して苦労したのを思い出す。途中一回だけ合体結果に魔術の素養が継承されることになってたけど、それ以外に継承されるスキルが気に入らなかったのでキャンセル。・・・・・失敗した。せっかくできたのにキャンセルしたらまた継承されなくなった。その後も何度も繰り返す。次は継承される他のスキルがしょぼくても諦めて合体しようと思ってたりしたら、ついに継承されるスキルに魔術の素養が。他のスキルは真・氷結見切りだったので納得して今度こそ合体。ここで合体事故なんて起きませんように。ということで無事合体成功。レベルアップで物理スキルの使用コストを半分にするスキルも覚えてますます頼もしい存在に。疾風が弱点でしたが、レベルアップで疾風反射を覚えたので完璧。ついに完成したぞー!!万物流転を覚えたオーディンがいるのでラスボス戦では使わないけど(今までの苦労は一体・・・・・)。

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART17

ということで、クリア前のデータに戻って直斗くんのコミュをマックスに。主人公が助手になるって言っただけで、あんなに喜んでくれるとは。あとはまだ最後のスキルを覚えてないキャラのレベル上げ。千枝様がチャージを覚えたので完二くんのポジションが無くなったと思ってたけど彼のイノセントアタックも中々のもの。直斗くんはメギドラオンを覚えました。ってかムドオンにハマオンにメギドラオンってどれだけ強烈なスキルを覚えれば気が済むんだ直斗くん。しかもムドオンとかの成功率高いし。とりあえず今はオーディンが万物流転を覚えるまでレベル上げを続行。確か疾風属性最強のスキルだったはず。昨日初めてコンセントレイト後のニブルヘイム(氷結最強のスキル)を使ったけど、そりゃーもうとんでもない威力だった。ってか15日くらいからパーティを選択するときの仲間のコメントが段々暗くなってきてるような。そろそろヤバイのだろうか。そーいえば前の天城救出でギリギリになったときも花村くんが「オレたちじゃ無理だったのか・・・?」みたいなかんじのネガティブなセリフを言ってたような。クリスマス前には倒さなきゃダメなんだろうか。クリスマスにりせからSP50%アップのアクセサリもらえるのに。確かにあんな気味の悪い霧が発生してるなかでりせとのクリスマスを迎えたくないけどね。とりあえず明日もうちょい粘ってみてもう一回クリアしてきます。

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART16

突然ですが、昨日ペルソナ4をクリアしてしまいました。前作の感覚でプレイしていたのでプレイ時間的にまだ話が続くのかなとか思ってましたが、はいおしまい。ラスボスらしきヤツもこの後話が続くから、コイツはただの噛ませだなとか思ってたら実はラスボス。弱ッ。足立との戦いの後の連戦でしたが全く負ける気がしなかった。え?ホントにこれで終わりなんですか。まさか今作はマルチエンディングらしいから、またもや本物のエンディングに辿り着けなかったとか??さすがにそれはないか。早く攻略本プリーズ。
ま、とりあえず今回のボス戦。パーティは花村くんに千枝様に天城さんです。主人公のレベルが80ちょいで他のみんなは75付近。まずは早速足立とのバトル。なんか見た目は思いっきり生身なんですが、ヤツはペルソナを召喚してきます。銃を持ってますが前作みたく頭をぶち抜いたりはしません。空間殺法(名前あってなかったらごめんなさい)とマハガルダイン、デビルスマイル、あといろんなボスが使ってた全体的に能力をアップさせるやつ。他にもあったような無かったような。そーいえばムドオンも使ってきた。とりあえず弱いです。千枝様のチャージ後のゴッドハンドと花村くんのガルダインと天城さんのアギダインで普通に倒せました。ま、コイツは前座前座。これからが本番。アメノサギリとかいきなり謎のキャラが出てきましたが、こいつがこの世界とかマヨナカテレビとかの元凶らしいです。ってかマヨナカテレビって人々が見たいって思うものが映るらしくて、生田目のときはみんなが「コイツが犯人だ」って決め付けていたから病院であんな映像が映ったらしいですが、んじゃりせちーのストリップは??あれも人々が望んだっていうのか。なんて変態な人たちなんだ、気持ちはバッチリ分かるけど。
とにかくアメノサギリとのバトル。全体に属性無視で攻撃してくるわ、メギドラオンは使ってくるわ、二回連続で行動するわ、霧を使ってこっちの攻撃が全く当たらなくなるわってかんじのまさにラスボスですが、やっぱ弱い。最後のほうは天城のSPが足りなくなってきたけど、弱い。コンセントレイト使ってきたらガードすれば死なないし、クエイクとかいう技を使ってくるけどだからどうした。あっというまに勝利。
その後、ついに終わったぞー的なムード。えっ、マジで??そして月日は流れ・・・ってマジっすか?クリスマスイブ。せっかく天城さんが二人っきりで過ごそうとメールしてきたのに断る主人公。鬼、悪魔。しかし、すべてはりせちーと二人っきりのクリスマスを過ごすため。プレゼントゲット!!SPが50%アップするすばらしいものですがもうその効果を発揮するところがない。ってか、お泊りって、布団一つしかないですよ??ちょーっと待って。まさか最後の最後でこんなハッピーな展開が来るとは思ってもみなかった。いや、ホント幸せ者だよ、主人公さん。っておい、なんで居間に戻ってんだよ。まだ夜を越してないんですけど。まだ24日のままなんですけど。りせちーはどうしたの。まさかこれで終わり??いや、りせは部屋にいる。主人公は飲み物でもとりに居間に下りて来たに違いない。きっとそうだ。部屋でりせちーが待ってる。さっさと戻ろ。次の日。菜々子が退院。みんなでパーティーをすることに。クマ、何りせちーに触ってんだよとか思ったら天罰が下ったので一安心。せっかくの楽しいムードなのにKYなおじさんが事件のことを語り始めましたが、無視(心の中で)。つか、まだテレビのこと信じてないのかよ。
またまた月日が流れ、主人公が帰る前の日。コミュレベルがマックスになったキャラとのイベントがありますが、直斗くんがあと一歩のとこでマックスになってませんよ。こりゃ、後でやり直すしかない。りせは新しいアルバムを引っさげて芸能界復帰だそうです。買うよ、絶対買うよ。つか、サントラいいからりせちーのアルバム出してくれ。
とかバカなことを考えてたら、いつのまにやら次の日。いよいよみんなとのお別れ。りせちーがこれまでにないくらいすごい勢いで泣いてくれてます(イヤホンで聞いてたので耳が破壊された)。そしてなんかこの前3回くらい見たようなムービー。しかし中身は全然違う。霧晴れてるし、みんなさわやかな表情だし、菜々子とおじさんとクマがいるし、あのクールな直斗くんが「僕たちのこと忘れないでくださーい」って走って電車を追いかけてくれるし、りせちーは「先輩、愛してる〜」とか言ってくれるし、バットエンドっぽかったムービーと比較するとすばらしく感動的なお別れ。そしてエンディング。
・・・・・終わっちゃいました。二周目やりたいところですが、次から次へと欲しいゲームが発売されるので時間がない。とりあえず前回のデータでもうちょっと期限まで粘ってからもう一回ボス倒してしばらくはおあずけになると思います。なんか寂しいですが、二周目を始めるまでの我慢。なんか勝手に勘違いしてたせいで、あっさり終わってしまった気もしますが、やっぱペルソナ最高です。

2008年

07月

Category:
特撮

"KIBA" 24+25th movement

前回音也さんが記憶喪失になってしまいましたが、あっさり記憶を取り戻してしまいました。これが音也さんパワーか。ってか約束どおり指輪を見つけちゃうあたり、平成ライダーはもう何でもありなかんじ。音也さんだから全然オッケーですが。イクサのほうもたった一週で奪還。名護さんはもう善のメーターを振り切ってどす黒い心の持ち主になってますね。キバはエンペラーフォームを手に入れてからもう戦闘が単調気味。まぁ、新フォームがいきなりやられてばっかりっていう展開じゃおもちゃが売れなくなっちゃうんですかね。あぁ、もう555や龍騎のときのような次の日曜が待ち遠しいっていうあの日々は戻ってこないんでしょうか。いや、園田真理が戻ってきたんだ、まだなんとかなる。

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART15

まだまだレベル上げ中。もう仲間のほとんどが一番最後のスキルを覚えたくらいのレベルになってきました。りせのカンゼオンが戦闘後SPをちょっと回復してくれるスキルを覚えたので、レベル上げし放題。主人公はレベル80を突破。もうSPが底を尽きるってこともなくなってレベル上げをしだすと、いつまでも止まらないので6界の中ボスに挑戦。りせちーのアナライズ→「コイツはザコだね」。やりすぎた。まぁ、ボス戦で苦労しないことはいいんですけど。そして、ついに足立がいるらしき場所へ。思えばこのダンジョンでアダッチーがシャドウに捕まったらダメとか勝手に決めた階層があったけど、失敗した主人公たちが再挑戦したときわざわざルールをもう一回丁寧に説明してくれたなぁ。やっぱいいヤツなんじゃないか?ま、それは会ってみてのお楽しみ。この後いよいよ足立との対決に向かいます。

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART14

前回に続いてレベル上げ中。SPが足りなくなってきたらアルカナチャンスの審判か死神の正位置で全回復。とりあえず、主人公のレベルが74くらいになったのでマガツマンダラに挑戦。前回来たときは主人公以外のみんながあっさり倒されてしまいましたが、今回は逆にあっさり勝利。いつのまにかみんなのレベルが高くなりすぎていたようです。ってことで、そのまま中ボス戦へ。すぐに倒さないと仲間を召喚してどんどん増えていく面倒なやつらでしたが、こっちのレベルが高いので楽々勝利。しかも、こっちには千枝様がいる。つい最近敵一体に特大ダメージを与えるスキルを覚えた千枝様。チャージを使ったあとにそのスキルを使わせるともうだれも彼女を止められない。そこら辺のザコ相手なら1000ダメージ超えは当たり前。さらに、追撃のときの「どーん♪」は敵のHPがどんなに残っていても一撃死。あぁ、この人が味方でよかった。
あまりにも長くダンジョンに潜っていたのでパーティから外していた完二と直斗くんのレベルがかなり置いてけぼりに。誰かに絞ってレベル上げしたほうが効率いいのかもしれませんが、誰でボス戦挑むか決めてないので、とりあえず平均的にあげようと完二くんを入れてまたレベル上げ。敵のメギドラオンで主人公死亡。・・・・・お疲れ様でした。

2008年

07月

Category:
ゲーム

ということでペルソナ4 PART13

先日の東北の地震で未開封のペルソナ4のサントラが高いところから落下しました。どうなってしまったか知るのが嫌なので今のとこ放置中。なんかケースにはヒビっぽいのがありましたが。発売日前に手に入れたからといっていいことばかりではないですね。
ということでペルソナ4。ついに判明した真犯人の足立を追ってテレビの世界へ。つか、足立って憎まれるためだけに生まれたようなキャラですね。アイツが女癖悪くてそんでフラれただけでこんな大事態になったんですか。女子アナとか女子高生とかどんだけ高望みしてんだよ。しかもミツオくんもヤツにテレビに放り込まれただけの被害者じゃないですか。モロキン殺したけど。ついでに頭がパーなのでしかたないですが。
そんなことより、主人公の仲間たちはホントに純粋にいい人たちばっかですね。菜々子のときも随分心配したり、悲しんだり、喜んだりしてくれましたが、クマのときもりせちー泣いてますよ。りせに心配してもらってしかも泣いてもらえるなんてどんだけ幸せ者なんだ、クマは。自分がシャドウとか全然どうでもいいじゃないか。
そして、ついに足立のダンジョンへ。火炎属性が弱点のやつがけっこう多いので勝つのは簡単。しかも経験値はたんまりゲット。仲間たちはどんどんレベルが上がっていきます。しかし、周りの雰囲気が変わったとこにいるシャドウは別格だった。主人公は物理反射とか無効とかのペルソナがいるのではっきり言って死にませんが、仲間たちはどんどん死ぬ。戦闘ごとに主人公以外の三人が必ず死ぬ。ということでちょっと戻ってレベル上げ。ひたすらレベル上げ。この二日間レベル上げしかしてません。主人公はついにレベル70に。天城のSPが無くなり、回復役がどーしてもいなくなったのでしょうがなく全く使ってなかったクマをパーティに投入。みんなとレベルの差が20くらいありましたが、なんとかレベル60近くまでこぎつけました。
ってか真実を追うものたちのコミュである審判がどんどんランクアップしていきますね。あれがマックスになったときがなんとなく最終局面って感じがするんですが、あんなにトントン拍子で上がっていって大丈夫ですか。まだ60時間しかプレイしてないですよ。前作は90時間くらいだったんだけど、それはどこまで行ってもゴールの見えないタルタル(タルタロス)があったせいか。今回はダンジョン探索少なめで話重視ですもんね。ま、とりあえず今は憎きアダッチー抹殺のため主人公たちのレベル上げは続く。