Children's War Blog

くだらないことを書いてますが、見ていただけると嬉しいです(>_<)

2009年

06月

Category:
特撮

仮面ライダーW

ディケイドのコンプリートフォームのあまりにも最低なデザインにガッカリしたのも束の間、次期ライダーである仮面ライダーWが発表されました。
Wというから単独で大気圏突入ができるわけでもなく、なんと2人で変身できるコンセプト。もうネタ切れしてきたからってくだらない意外性狙ってないで普通にかっこいい仮面ライダーにできないのか。今回のデザインは二人で変身するということでガオガイガーに出てた青と赤の二体で合体するロボットみたいな感じ。全体的なデザインはシンプルでブラックというかブラックRXというかJというか、最近のライダーにしては仮面ライダーっぽい・・・・・かな。ただ顔にガンダムのアンテナみたいなのとマスクみたいなデザインがなんとも・・・・・残念です。
あと期待できることと言ったらキャストぐらいですが、主役の二人の片一方のほうはかっこいいかな。まだはっきりとした画像みてないのでなんともいえないですがけっこうイケメンだったような気がするあとはどうでもいいや。
そりゃ、今までのライダーだって龍騎の「ライダー同士が最後の一人になるまで戦う」という設定や響鬼の「鬼」という設定、「電車に乗る仮面ライダー」など色々奇抜な仮面ライダーはあったけど、だからって意外性でマンネリを回避できればいいってことじゃないような(上に挙げたライダーは全部好きですが)。
マンネリだと言われても、555のようにメカ系の純粋にかっこいいライダーとか龍騎やブレイドみたく戦闘の見栄えが華やかになるカード系のライダーとかでいいんだけどな。なんでいちいち今までのとは違うってことをアピールしたがるのかなぁ。
まぁ、まだ始まってないのでここでつまらないと決め付けるのも悪いのでどんなライダーになるのか放送開始を楽しみにしてます。

2009年

06月

Category:
ゲーム

シュープリス(夜間戦闘Ver.)完成

一昨日Amazonから届いたシュープリスがついに完成しました。自分にとっては2回目のV.I.シリーズの製作でしたが、難しいと言われるV.I.シリーズを今回も無事に完成させることができました。

シュープリス

それじゃ、今回のシュープリスの感想。
まず製作時間ですが、僕の印象ではホワイト・グリントの1/2〜2/3くらいってところでしょうか。やっぱり、ホワイト・グリントは変形機構とかがあったのでそのぶん複雑なところがありましたが、シュープリス夜間Ver.は武装とかもわりとシンプルなのでそこまで時間はかかりませんでした。
製作難易度は全体的にホワイト・グリントとさほど変わりませんが、シュープリスの方はピンセットで扱わないと組み立てられないような極小パーツがありました。僕はピンセットなんて持ってなかったのでニッパーでつかんではめ込みましたが、このキットはピンセットを用意したほうがいいかもしれないです。
ボディーのカラーが黒なので今回はスミ入れは全くしてません。それでも見栄えはすごくいいです。僕個人の意見としてはフレアの組み立ての際、かみ合わせが悪く、組み立てたときにパーツが浮いてしまって見栄えが悪くなってしまって、内部をヤスリで削るなどして対処しなければならない部分があったのがちょっと残念だった(僕の組み立て方が未熟なのが原因なのかもしれませんが)。
達成感はずっしりしていたホワイト・グリントと比べると少し物足りない気もしますが、この絶妙なカラーリングとかっこいいフレアを装備したシュープリスはなんともいえない存在感があって個人的には満足です。ホワイト・グリントと違ってボディーのバランスも良いのでどんなポーズでもちゃんと立ちます。
耐久性はとにかくヘッドのアンテナがかなり細いので怖い。これはさっさと飾って触らないべきです。あと、これは僕が悪いんですがはめ込みが甘かったのでコアと腰の部分をつなぐパーツを力を入れてはめ込もうと思ったらボキッと折れました。接着剤があるのでなんとかなりましたが、取り扱いは注意しないとだめですね。

と、こんな感じですがなにぶん僕がホワイト・グリントしか作ったことないのであまり参考になる感想は書けませんが、とにかく今回のシュープリスはACのファンにとっては満足できるキットだと思います。次はノブリスとVOBですか。楽しみであると同時にとても手強そうでちょっとこわいですね。

2009年

06月

Category:
アニメ

ジュエルペット 13話

帯刀さんのお見合いの話。おばあちゃんから子供のころの幼馴染とのお見合い話を持ちかけられた帯刀さんはそれを阻止するためにいきなりりんこに告白・・・というわけではなく、彼女のふりをしてもらってお見合いを破談にしたいみたいです。そもそも、帯刀さんは幼馴染の小さい頃のイメージがあって嫌がってるみたいですが、顔はけっこう可愛いような。
ってか、なんで彼女のふりを頼む相手がりんこなのか。どう考えても、落ち着きのある有栖川さんが最善の選択だと思うんだけど。それよか、女子中学生と小動物にいじられる内閣(中略)秘書官って・・・。

そして、お見合いの日。帯刀さんの家ではりんこがみんなの協力で変装中。それにしてもこういうときの有栖川さんはノリノリですね。有栖川さんがメインだった3話と比べるとだいぶキャラが変わってきてる。むしろこっちが素で前は素の自分をみせるような友達がいなかっただけなのか。でもかつらをウイッグと言わせるあたり、やっぱりスタッフは抜かりない。
そのころ帯刀さんは駅でおばあちゃんと幼馴染のお出迎え。そこで帯刀さんが見たのはすっかり見違えるような美人になった幼馴染の姿。なんか帯刀さんもまんざらでもない様子になってますが、自宅に戻ってみるとりんこ(女子大生Ver.)がお出迎え。
りんこのことなんてすっかり忘れてた帯刀さんでしたが、何故かりんこはノリノリ。みなみ曰く、演技指導がまだなはずなのに。これは修羅場かと思いきや、おばあちゃんはどーやら帯刀さんのたくらみに気付いてる様子。
とりあえず、料理や裁縫でどっちがお嫁さんに相応しいかを競い合うりんこと帯刀さんの幼馴染でしたが、幼馴染のほうは何をやっても完璧。一方りんこはと言うと・・・・・お察しください。

その様子を外から覗いていたハーブ団ですが、そこでダイアナの魔法発動。ってかダイアナ様、言葉知らなすぎです。
ダイアナの魔法にかかった幼馴染はヤンキー化。ここぞとばかりに暴言吐きまくりですが、そこで帯刀さんが「自分のことはいいが、おばあちゃんとりんこ君をバカにするのは許さない」みたいな感じのかっこいいセリフ。このときの帯刀さんはホントかっこよかった。
そこにいきなり見知らぬ男が登場。どーやらこの人も帯刀さんの幼馴染で、今回のお見合い相手の女性のことが好きみたいです。しかも、相手もその男のことが好きみたいでホントは帯刀さんのお見合いも心から望んでいたわけではなかったようです。
ここでジュエルチャームが登場(ってかヤンキーの木刀が変化した)。思いやりのジュエルペット、ミルキークォーツが登場し、魔法をかけてもらって無事解決。幼馴染の男も自分の本当の思いを伝え、めでたく結ばれてハッピーエンド。いや、帯刀さんの立場は・・・。
どうやら帯刀さんのおばあちゃんはこのことを全部知ってたみたいで、幼馴染の二人の縁談を成功させるために帯刀さんを噛ませ犬にしたみたいです。最初から最後まで踊らされていた帯刀さん、ほんと可哀想。でもこの人が出る回はやっぱ面白い。ここ最近の話では一番良かった。やっぱり帯刀さんはジュエルペットに必要不可欠な存在ですね。

2009年

06月

Category:
ゲーム

ロロナ日和 1日目の続き

2回目のお題は爆弾ということで、新たに行けるようになった鉱山で素材集め。ステルクを仲間に雇えるようになったけど、騎士というだけあってロロナたちとは次元が違う。ってかステルクさんがいないと鉱山のモンスターなんて一匹も倒せない気がする。
でも、ロロナたちもハゲルのところで武器強化ができるようになってからだいぶ戦闘で活躍できるようになりました。それにしてもクーの武器は銃(ってうか弾?)だってのに、攻撃がポカポカポカって。スキルのときは銃を使うけど。

今回のお題もけっこう簡単でハゲルのところでレシピを買って、鉱山で素材集めすれば依頼の品はどれも難なく練成できます。
しかし!!その考えは甘かった。依頼の品を十分すぎるほどステルクに納品し、あとは今だったのでお城の受付で引き受けられる仕事をこなしてるときに事件は起こった。あんまりセーブしてなかったのでアトリエに戻り、机に向かったとたん、まさかのフリーズ。んなバカな。あんまセーブしてなかったのに、まさかここで?発売日2週間延期してもいいですから、ちゃんとデバッグとってくださいガストさん。これからは課題の期限よりもフリーズに気をつけてゲームやらないと。

結局、記憶にないけどフリーズする50分くらい前にセーブしてたのでなんとか助かった。けど、フリーズする前は期限前に余裕で星を全部うめて課題を終わらせていたのに、今回はギリギリだった。何故だ。

2009年

06月

Category:
ゲーム

ロロナ日和 1日目

待ちに待ったロロナのアトリエがついに昨日発売されました。
もちろん、会社帰りに即ゲットしてきました。でもAmazonで¥5580なのにツタヤは¥6280って・・・。頭の中でAmazonの値段の印象が強かったからツタヤの値段を見てちょっと驚いてしまった。特典もついてたし、まぁいいか。

ってことで期待を膨らませながらプレイ開始。そーいや、据え置き機のソフト買うのも久しぶりな気がする。
オープニングは公式サイトで何回も聴いたことことがある曲が流れて、ちょっと聴き飽きた感があるような。なんかオープニングが始まる前の画面が暗転してた時間が長かったような気がするけど、気のせいか(この後に起きることの前兆だったのかもしれない)。
タイトル画面でニューゲームを選択し(オプションで設定できる項目少ないな、おい)、いざスタート。ストーリーをナレーターさんが喋り終わって、気合い入れてコントローラーを握った瞬間、悲劇は起こる。
画面が暗転したまま、動かない。コントローラーのPSボタンも反応しない。買ったその日にいきなり初期不良キター!!いきなり期待を裏切られちゃいましたが、PS3のゲームでフリーズなんてよくあるのでそこは冷静に対処。とりあえず、ソフトは使い物にならなくてもいいからアーマードコアのデータを消すのだけはやめて。

と、まぁいきなり出だしでずっこけましたが2回目の起動では無事にディスクを読み込み正常にプレイできました。良かった良かった。
3Dキャラも公式サイトでは違和感を感じてましたが、実際見てみるとまぁいいんじゃないですかね。ってか絵が可愛すぎてこれを3Dにするってのが無理がありますね。
ロロナと師匠のやりとりをチラホラ見せられて、その後アトリエの取り潰し通知を伝えにステルク登場。・・・おい、ちょっと待て。ステルクのキャスティング考えたやついますぐ出て来い。確か説明書には25歳って書いてあったような。しかもかなりイケメン。なのになんなんだこの中年のおっさん声は(声優さんごめんなさい)。男キャラがイケメンだからかなり期待してたのに、いきなりこの仕打ちですか。
もう、ステルクはあきらめよ。年齢と言えばロロナは14歳・・・・・ってこれも嘘だろ。14歳でこの発育。そしてとんでもなく美少女(やっぱ見るところはそこ)。確か、お城からの課題は3年かけてやるみたいだから3年後のロロナも拝めるってことか!14歳でこんなにすごいのに17歳になっちまったら・・・。いいんですかい、こんな素晴らしいゲームがあって。
と言っても、中身はヘタレというか、なんかどっかで見たことあるなぁこういうキャラ。最初がダメなのはこれから錬金術の課題をこなして、困難に立ち向かい成長していくところをプレイヤーに見せてくれるってことなんですよね。期待してよっと。

ここでロロナの周りの人をおさらい。
師匠→「お姉さまと呼べ。」「私と一緒に寝たくないのか?」
クー→わかりやすいツンデレ。どー見てもロロナ大好き。
城の受付のお姉さん→ロロナ可愛い。ロロナがいるから退屈だった仕事も楽しみになってきちゃった。
雑貨屋のお姉さん→ロロナ可愛い。私にできることがあったら言って。

・・・・・ってなんじゃ、この百合ワールド全開な登場人物は。色んな意味でロロナはこの先大丈夫なんだろうか。男性陣はハゲ以外はみんなイケメンです。

チュートリアルも終わって、いよいよ第一章開始。最初の課題は日用品。そこらへんで買えばいいんじゃね。
街の外にはモンスターもいますが戦闘システムはそんなに期待してないので、アイテムを採取してモンスターは華麗にスルー。ってか、ぷに以外が強すぎる。
後々気付いたんですが、うにの威力が25ダメージくらいになるのはビックリだった。ロロナの攻撃がだいたい7、8ダメージなのでうにがどんなにすごいか実感できる。ロロナの「うにー!!」ボイスも必聴。ロロナにしかアイテムというコマンドが許されてないのはこういうことなんですね。非力なロロナはアイテムを駆使して戦うと(公式サイトでも同じようなこと言ってたけど)。

とりあえず、最初の課題は無事クリアー。素材はほとんど店で買えるし、最初ってこともあって簡単でしたね。お次の課題は爆弾。いくら平和がとりえだった街だからって14歳の少女に爆弾を作らせるとは。

2009年

06月

Category:
ゲーム

テ、テ、テイルズ

最近テイルズオブバーサスやらグレイセスやらヴェスペリアPS3版の情報がけっこう出てきましたね。
バーサスは正直イラネというか普通にスルーするともりだったけど、リタが出るので購入を決意。しかもヴェスペリアと連動特典があるらしいので(って言ってもヴェスペリアの方はフェイスチャットが増えるだけっぽい)。
ってかマイソロ2の究極の作業ゲーっぷりにだいぶ萎えてます。ここまでとは。バーサスはアクションということなので期待してます。
グレイセスはマザーシップタイトルなので発表されたときから買うと決めてたけど、主人公の声優さんが発表されて(PVで薄々気付いてたけど)購入意欲3倍。これはもう買うっきゃない。あと戦闘システムもガラリと変わるみたいですね。最初、このシステムを理解するのに時間かかったけどなるほど、面白そう。
言うまでも無くヴェスペリアは買います。相変わらず心の中ではナムコのバカヤローと叫んでますが。もういろんなのが追加されまくりでおっそろしいことになってますね。予約特典はアビスの衣装がダウンロードできるコードだそうです。です姫にティアの衣装が激しく似合ってません。
あ、発売日も決定しましたね。9月17日でしたっけ。予約しないとなぁ。Amazonじゃ届くのが1日遅いから店頭で予約か。恥ずかしい怖い無理めんどくさ。

2009年

06月

Category:
アニメ

ジュエルペット 12話

今日はゴルフでテレ朝系のアニメや特撮が全滅だったので、ジュエルペットが唯一の楽しみだった。
今回はイケメンアイドルが映画の撮影のためにりんこたちの町にやってきて、その映画のエキストラにりんこたちが出るというお話。
りんこはこのアイドルのファンということですが、いきなりダイアナがこの男に魔法をかけて映画の撮影の雲行きがあやしくなってきました。アイドルに興奮するりんこは久々のうさぎ虐待を披露。かわいそうなくらいルビーはボロボロになってました。りんこは自分がお姫様であのイケメンアイドルが王子様の夢を見ますが、崖に追いつめられて、王子様が「ここは私にまかせて、お下がりください」なんて言ってたけど、それ以上下がったら落ちるだろってツッコミいれようと思ったらホントに落ちた。やっぱジュエルペットは別格。
ということで映画の撮影の日。はりきってたわりに有栖川さんのかっこフツーじゃんと思いきや、やっぱり服部さんがやってくれた。「アチョー!!」のかけ声で登場したのは某カンフーアクション俳優のおなじみのジャージ姿で登場。お嬢様系天然に磨きがかかってきましたね。服部さんのセンスもナイスですけど。
ダイアナの魔法にかかってやる気なしのイケメンアイドルのせいでお姫様役の人が怒って降りてしまったせいで、その後の流れで急遽りんこがお姫様役をやることに。
「お姫様役はお譲りしますわ」って端からエキストラなのにここでも天然っぷりを発揮する有栖川さん。でもよく思えば、どーみても有栖川さんの方がお姫様は適任のような気が。
撮影がスタートして、最初は棒だったけど段々いい感じになってきたりんこでしたが、そこにミント登場。もう映画の撮影どころじゃないですが、りんこの説得で目が覚めたアイドルからジュエルチャームが登場。いつものオープンハートで、名前忘れたけど犬っぽいノリノリのジュエルペットが登場。ジュエルパワーは「夢をかなえる」ってそれ、今まで出たジュエルペットのほとんどの代わりが務まるような。
そして魔法がかかってイケメンアイドルの夢が叶った結果というと、お姫様になりたかったみたいです。この結果はぜんぜん予想できなかったわー。りんこの王子様姿がハマりすぎだし。
最後の監督の「カーット!!」が「アッー!!」に聞こえたのは気のせいか。気のせいだよな。今回はりんこ相手だったからアッー!!にはならないけど。そしてそのアイドルはその後、りんこたちの町に劇団をつくるそうですが、これからも出る気満々ですか。

次回はまたまた帯刀さんメイン。そーいや、今回出番なかったな。変装したりんこがなにげに可愛かった。やっぱ帯刀さんが出るとなると次回への期待も高まりますね。

2009年

06月

Category:
アニメ

ジュエルペット 11話

このごろ出番が少なかった帯刀さんがメインの話。つか、サブタイトルのふりがな多ッ。
初っ端に一癖ありそうなおっさんが出てましたがただのマスコミか。
帯刀さんはダイアナとハーブ団が会話しているところに居合わせ、ダイアナの魔法の餌食に。
一方、りんこたちの方ではなぜこの町の住民がジュエルペットを見ても驚かないのかという今更な疑問を抱いてましたが、なんとりんこたちの町には魔法使いと仲良くなるための魔法がかかっているということが判明。てっきり大人の事情でスルーされてるのかとおもってたけど、ちゃんとした設定があったとは。
あ、蛇足ですがりんこたちが教室で喋ってるシーンで有栖川さんの取り巻きたちは背景と化してましたね。剣道部の先輩&カイトにも出番があったってのに。
ダイアナの魔法をくらってネガティブになってた帯刀さんもこれを聞いて復活→直後にダイアナの魔法をもう一回くらってダウン。魔法ってお腹が空いててかかりが悪いとかあるんですね。
次の日、帯刀さんがマスコミにジュエルペットのことを喋ってしまったらしく、りんこの家の周りにマスコミがびっしり待機してるという事態に。ってか海外メディアを押さえてしまう有栖川さんのパパって一体。
帯刀さんはこれの責任をとって実家に帰るつもりでしたが、電話でのしゃべり方を聞く限り僕が住んでるような地方の出身らしいですね(つまりド田舎)。
りんこに引きとめられ、自分の責任を果たそうと決意したところで帯刀さんのジュエルチャームが出現。おい、だからいいかげんにバンクシーンのりんこの服装を(ry
登場したフローラのジュエルパワーは「正しい未来を示す」ということですが今まで「勇気」とか「友情」ときてなんともとらえづらいというかなんというか。
とりあえず、フローラの魔法でダイアナの魔法から解放された帯刀さんはマスコミの前でかっこよく会見。帯刀さんが会見でビシッときめたこともあってりんこたちの町は普段の穏やかさを取り戻したようですが、実は帯刀さんのおかげではなく、日本全体にジュエルペットを受け入れる魔法をかけた結果みたいです。

今回は総理の「あのあざは私にしか見えない」という発言といい、ダイアナの「計算通り」という言葉といい今後の伏線っぽいのが色々出てきて、ただのほのぼのアニメで終わらないようですね。ホントにこれからも楽しみです。それと、帯刀さんのストーカーをしてたマスコミといい「どっかの政治家じゃあるまいし」という帯刀さんのセリフといい、女の子向けアニメなのに社会風刺全開のジュエルペットはさすがです。

2009年

06月

Category:
アニメ

この前のライブオン

新しいカードを手に入れた翔たちは再びブラッシュが行きたがってた島へ。
当然、この島から去れ少年+ブラコン妹が待ち構えていてライブバトルすることに。
ここは天空ムスタングも手に入れたし、リベンジで翔がバトルするかと思いきや、一番強そうだからという理由でアイがバトルすることに。
腕力の間違いじゃ・・・とか思ってしまうけど、実は3人の中でアイが一番強い設定なんですよね。
ライブバトルのルールは相変わらずわからないんですが、とりあえず白熱したバトルのようです。ブラコン妹がアイに嫌味を言ってきますが、アイは全然怒らない。翔のときはすぐキレるのに。ミルの件もあるし、まさかロリコ(ry
敵が切り札のドラゴンを出して、なんか空気的にアイが負けるようなきがしましたが、アイのほうが一枚上手だったようで勝利。
その後、謎兄妹に案内してもらってブラッシュの母親登場。
見た目かなりショボいんですが、仮の姿だそうでホントはとても強そうなドラゴンでした。この島で起きてることを話しましょうってところで今週はおしまい。ライブオンなのに次回が気になってしょーがない。

2009年

06月

Category:
ゲーム

ポケモンスクランブルって!?

今日、Wiiウェアで「乱戦!ポケモンスクランブル」というタイトルが配信されるみたいです。
今の今までこんなタイトルがあったことすら知らなかったので、かなり驚きました。早速、公式サイトでプレイ動画を見てきましたが、ここまで純粋に面白そうと思ったゲームは久しぶりかも。
ホントに面白そうです。かなりノリノリのBGM、ポケモンの「おもちゃ」を操作するという設定、見た感じ爽快感がありそうなアクションゲームという印象ですが、おなじみのポケモンなのにかなり新鮮味があって興味がわきまくりです。
1500ポイントということで多少手が出し辛い感もありますが、傑作の予感がします。
Wiiリモコンに自分のポケモンを入れて持ち運びできるっていうのが何気にかっこいいですね。今の子供たちはこういう良いゲーム環境に恵まれてていいですね。「自分の家でゲームをプレイして、強いポケモンを手に入れたら友達の家にWiiリモコンを持っていって、みんなでワイワイ」なんて羨ましい光景なんだ。
僕もこれは絶対に買います。今月、ケータイを買い換えるからちょっとキビシイけど。