Children's War Blog

くだらないことを書いてますが、見ていただけると嬉しいです(>_<)

2009年

12月

Category:
ゲーム

クリア寸前なのか

テイルズオブグレイセスもそろそろクリア間近っぽいです。
これまでのことを振り返ると、全体的にあっさりしてましたね。ヴェスペリアだったらこの後さらに問題発生みたいなボリュームでしたが、たぶんリチャード&ラムダと決着をつけて終わりっぽいです。
内容的にはなかなか良かったんじゃないでしょうか。成長した主人公が登場してこれから本格スタートだ!ってところで幼馴染や弟などから主人公フルボッコ&故郷からポイッってノリは新鮮すぎて衝撃を受けましたが。

容量的な問題もあるのかもだけど、ボリュームはもうちょっと欲しかったな。キャラもけっこう魅力的なメンツが揃ってるのに、肝心のストーリー本筋が終わっちゃったらそれ以上掘り下げられないし。
エメロードさんなんてパーティに加わる中で(NPCだけど)唯一のメロン要員(メロンの意味が分からない人はアビスをレッツ・プレイ!!)だったのにあっさり敵になってあっさり爆発四散しちゃったし。

別にどのハードの信者でもないけど、やっぱりPS3のヴェスペリアを経験しちゃうとWiiの容量とグラフィックじゃ物足りないかも。グラフィックのほうはWiiにしてはかなり頑張ってますが。

戦闘は新鮮で面白かったです。ステップでかわし、CC制なのでTPを気にせず技を叩き込む爽快感は近頃マンネリ化していたテイルズの戦闘システムに新風を巻き起こしたんじゃないでしょうか。

ピースを使った武具のデュアライズも理屈が分かってくると面白い。自分好みの性能を持った装飾品が作れたり。てか、テイルズって新しい街に行くたび武器屋で強い武器を買って、どんどん交換していく・・・・・という感じだったのにグレイセスは武器の数がかなり少ないですよね。アスベルくんなんてラスダン直前だというのに3、4回くらいしか武器を交換しなかったような。ヴェスペリアのおっそろしい数の武器を合成していたころがウソのようだ。

とりあえずまだ未クリアなので、この先の展開も気になるしもうちょっと楽しめそうです。

2009年

12月

Category:
ゲーム

フェンデルへ

まだまだテイルズオブグレイセスのプレイ中。
闘技島に到着した一行ですが、協力してくれるはずだったフェンデル軍に潜入したストラタのスパイが捕まったというお間抜けな展開のせいで、闘技島でフェンデル兵と戦うことに。
つか、Wiiの容量の制約上、やっぱり本編フルボイスは無理なんですね・・・。

闘技島での問題を解決し、ついにフェンデルへ。フェンデルは雪国だそうで、今までのフィールドとはガラッと印象が違います。
国ごとに戦闘BGMが違うのも面白いですね。

フェンデルに着いたばっかりですが、あるかめにんが違法な方法でラントまで送ってくれるらしいので、さっそく帰還。ストーリーの進行には必要ない行為ですが、テイルズお得意のサブイベントとかあるかもしれないので。
やっぱり色々サブイベントありました。依頼のリチャードの手紙は現在の状況になってからみるとなんだか切ないですね。

つづく

2009年

12月

Category:
ゲーム

ファイナルファンタジー??届きました

話題のFFシリーズ最新作、13が今日届きました。さすがに3カ月も前にAmazonで注文したのでちゃんと発売日に間に合った。
今はAmazonで買おうとしても変態転売ショップから定価以上の高値で買うしかないみたいですね。
何気にFFは1と7しかやったことないし、あまり興味が無いシリーズだったんですが、ちょっと話題の波に乗ってみようかなと思い、だいぶ前にAmazonで注文したんだっけ。

今テイルズオブグレイセスのプレイ中なのですぐにはできないと思いますが、けっこう楽しみです。いつのまにかRPGのFFではなく映像のFFになっちゃってますけどね。ってか初回特典の14キャンペーンコードって何??

2009年

12月

Category:
ゲーム

ついにヒューバートが同行

引き続きプレイ中のグレイセス。今回はストラタの大石を修理するために遺跡へ。
遺跡についたら、パスカルがちょっといじっただけで大石の調子が元通りに。早くも問題解決かと思いきや、そこに魔物の群れと登場したのがリチャードさん。大石の力をすべて吸収していってしまいました。
せっかく問題が解決したと思ってたのに、台無しにされちゃいましたがホントのことを打ち明けるしかないので首都の大統領のもとへ。
そこで、なんとヒューバートと再会。どうやらリチャードはバロニアの大石のエレスも吸収してしまったみたいでその報告に来たんだとか。
そこでアスベルくんは大統領からリチャードの追跡と調査をまかされます。さらにラントはヒューバートが選んだ後任に任せてよいとのことなので、アスベルたちにヒューバートが同行することに。
ついに兄弟そろってのパーティ結成ですね。次の目的地。闘技島に出発。

それにしても、ヒューバートはホントにツンデレで、スキットを起動したと思ったらいきなり戦闘開始して兄に勝たせてあげて兄のプライドを守るといった心遣いのできるナイスな弟。ふだん冷めた態度で兄に接してるけどやっぱいいやつなんですね。
Wiiってことで不安だったけど、今のところグレイセスは大満足のできだと思います。このごろやっと武器防具のデュアライズを活用するようになってやれることの幅がさらに広がりました。こういうシステムが色々ごちゃごちゃしてるのもいのまたテイルズのいいとこですね。リバースのエンハンスとかいうシステムなどを思い出します。
戦闘システムも新鮮だし、爽快感もあるし、割とシビアな戦闘だし面白い。ただWiiのヌンチャクでやるとスティック操作が正確にできないのでイライラするかも。

システム面と言えばスキットもコミカルなキャラ絵が挿入されるようになったりと新しい試みがされてますね。僕はああいうのはいいと思います。
あと、戦闘後のかけあいがここ最近のテイルズで一番面白いかも。とくに女性陣3人とアスベルくんでパーティを組んだ時の「揃わなくても泣かないし・・・」とか。シェリアも感情を表に出すようになってやっとパーティに活気が出てきた感じです。リチャードはやっぱり何かに憑かれているようで苦しんでるみたいですが、この先どうなるんでしょうか。

つづく

2009年

12月

Category:
ゲーム

どうやら壮大なツンデレだったようです

テイルズオブグレイセスの主人公、アスベルくんは7年のときを経て、立派なイケメン騎士に成長したものの、仲良しだった幼馴染や弟がすっかり豹変してしまい、冷めた態度であしらわれ、将来の夢も故郷のために諦めたのに故郷に捨てられたテイルズ史上稀にみるかわいそうな主人公である(しかも本人の性格とかに問題ないのに)。
そして、7年たっても昔と変わらず接してくれた友、リチャードまでもがアスベルに牙をむこうとしていた・・・・・

ラント領へ使者として赴いたアスベルくん。弟を説得しようとしたその時、リチャードがアスベルを裏切り、ラント領へ侵攻。
ここでもう完全にイッちゃってるリチャードとソフィのガチバトルムービー。
つか、これどう見ても7年前の例の事件のときの魔物にとり憑かれてますがな。
とりあえず、リチャード軍は撤退してひとまず戦いは終了。

その一件後、アスベルくんはプライドなんてなんのその。優秀な弟にラントを任せて、自分は弟に使われる道を選びました。なんていい人なんだ。
どんなに冷たくされても、昔と変わらずやさしい兄貴を見てヒューバートにも変化が。ちょっとお兄さんを心配してくれてるみたい。

しかし、せっかく関係回復しようとしているところを引き裂こうとする不届き者が。ヒューバートにストラタの首都へ親書を届けることを依頼されたアスベルくん。だが、その親書が届くと色々まずいヒューバートの義兄がシェリアを誘拐し、代わりにその親書をよこせと。
その場はヒューバートが登場し、なんとかなったけどシェリアがピンチらしいので救出しに行くことに。
街道の小屋でモンスターに襲われているシェリアを救出。そこでシェリアの口から今までのよそよそしい態度の理由が語られました。
要は突然いなくなるし、戻ってこないし、会いにいったら迷惑かかるしでアスベルに全然会えなくて落ち込んでたみたい。
本音をぶつけあってやっと二人は仲直り。つか、恥ずかしいから人前でラブコメするなって。

ごたごたしたけど、今度こそ親書を届けに首都へ向け出発。出発前にヒューバートは兄にお守りをくれました。しかも、なんだかんだで兄のことを心配してるっぽい。なんだお前ら、揃いも揃って壮大なツンデレだったのか。ツンの期間が長すぎて、すっかり嫌われてると思っただろ。

首都への旅路ででっかいモンスターに飲み込まれたりしたものの、無事に首都へ到着。大統領(だっけ?)は話のわかる人で、とりあえずヒューバートの問題は首都で起きている問題を解決したらなんとかなるっぽい。
でも、ヒューバートの義父がどう見ても悪者でこれから何かやらかしそう。
とりあえず、アスベルくんたちは首都の問題をどうにかするために遺跡に行かなきゃいけないみたいなので遺跡へ向け出発。

つづく

2009年

12月

Category:
ゲーム

王子がご乱心のようです

テイルズオブグレイセスの主人公、イケメン騎士アスベルが7年の時を経て、ここに参上!!・・・・・のはずが、ツンデレだった幼馴染はすっかり冷めきっていて、騎士への夢を諦めて街の領主をがんばろうと思ったら、突然現れた弟にその立場を奪われて自分の故郷から追い出されて・・・・・とイケメンなのに(関係ないけど)全然いいことがないアスベルくん。さらに熱が出てクラクラなのにわけのわからん追手まで。

とりあえず、ソフィーだけでも自分の不幸に巻き込むまいとかつての友、リチャードをたよりに王都へ。
王都に着いたとたん、いきなりリチャードの訃報が。アスベルの不幸のオーラでついに友達まで死亡したか・・・・・と思いきや7年前の例の隠し通路でリチャードと思わぬ再会。
さて、リチャードはアスベルにどんな仕打ちを与えるのか・・・・・・

ってめちゃくちゃフレンドリーだったー!!再会する昔馴染みがみんなアスベルに冷たかったのでリチャードもかと予想していたけど、リチャードは昔のままでやさしく接してくれました。いやー、グレイセスやってて一番嬉しかった瞬間じゃないだろうか。
どうやら王族によくある裏切りだの謀略だので命を狙われてるらしいので、味方になってくれるデール公のもとに一緒に行くことに。

デール公に会いに行く途中で突然パスカルという女の子が登場し、パーティに加入。えっ、テイルズのキャラってこんな軽いノリで仲間になっていいの?
通らなきゃいけない橋が敵に占拠されているので、遺跡へ迂回。

・・・・・ってか、なんで最初のダンジョンなのにこんなめんどくせーの?謎解きとか嫌いなんだからやめてくださいよ。やっと出口を見つけたと思ったら、そこは違うとか言われるし。そーいやソフィの立体映像が映し出される謎の装置があったけど何なんだろ。

デール公のもとに到着し、さっそく王都を取り戻す作戦を開始。
まずはさっき通れなかった橋を取り戻すらしいんですが、それにはまたさっきのめんどくさいダンジョンから潜入しないといけないんだとか。めんどくさいからやめてくださいよ。
橋内部に到着。この橋が橋の分際で入り組んでいてめんどくさい。「こっちの道は大勢の声が聞こえるから通るのはやめておこう」とか、どうせエンカウントしまくってるんだから関係ないような。
やっとこさ橋中央部に到着すると、リチャードがいきなり大・切・断されてしまいました。おいおい、メインキャラがこんなとこのイベントで死ぬわけねーだろと言わんばかりに斬られて血が出まくり(映像はまずいので言葉だけでの表現ですが)なのに、リチャードがゾンビのように復活し大・暴・走。某人気アニメの初号機を彷彿とさせる暴れっぷりで仲間たちはドン引き。
やっぱりオープニングでもわけありのような映され方をしているだけあってリチャードにも"何か"あるようです。
とりあえず、橋を取り戻しマリク教官とのボス戦も無事勝利。そこへなぜかシェリアが登場。

オメーがくると空気が気まずくなんだよと言いたかったが、この前よりはアスベルに対する態度がちょっと和らいだ感じ。相変わらずテンション低いけど。しかもこのままパーティに加入するらしい。
空気と言えばパスカルが仲間になったおかげでだいぶパーティが明るくなったような。どう見てもパスカル一人で空回りしているだけだけど。リバースでいうマオみたいなポジションか。

橋の攻略も無事完了し、いよいよ王都奪還開始。つか、リチャードさんがだんだんハイになっていってるんですけど、これ絶対何かに憑かれてますよね。
城の中でなんかいきなり登場した女性教官を倒し、いよいよリチャードと国王を裏切ったヤツのもとへ。
戦闘に慣れてきてこのボス戦はわりと苦戦しなかったんだけど、敵の思考が後衛キャラを狙うようになっているのか、シェリアや詠唱中のソフィがバンバン殺される。
ライフボトル使用→復活したHP少ないシェリアとかが狙われる→アスベルで気を引こうとするがガン無視→シェリア、フルボッコで死亡→復活させる→狙われる・・・・・・・の繰り返し。普通に戦うぶんにはそこまで強くないんだけど、秘奥義の威力がやたらでかいし。

ともあれ、裏切り者を(リチャードが)殺害し、ついに王都を奪還。なんでもギアスに結び付けて悪いんだけど、このときのムービーのリチャードの最後の表情がどうみてもルルーシュにしか見えなかった。そんでアスベルがリチャードの剣を自称してると。これなんてコードギアス?
ギアスネタは置いといて、よく見るとリチャードがオッドアイになってる(やっぱギアスじゃん)。これ、絶対何かにとり憑かれてますって。ちょっと前も「ぐっ、出て・・・来るなっ・・・・」みたいな邪気眼状態になってたし。
そして、すっかり人が変ってしまったリチャードはアスベルにラント領侵攻の指揮に任命。とりあえず、リチャードを説得し使者としてラントに行くことになったアスベルくんですが、リチャードの眼が白目になって完全にイっちゃってるー!!早く誰か気付いてあげて!!

つづく

2009年

12月

Category:
ゲーム

テイルズ オブ どん底

"あの事件"から7年後、ついに騎士として立派に成長をとげたアスベルくんが登場。教官のマリクさんと一緒に森の奥の村の調査だそうです。
少年時代からイケメンでしたが、それが7年たってさらに磨きがかかり、もう完璧。性格もすっかり真面目になってるし、声は良いしでもう向かうところ敵なしって感じです。
しかも、バースト技を使えるようになって戦闘も面白い。やっぱまだ慣れないですけどね。

村の調査では謎のモンスターと戦闘。どうやらこいつはバリアをはってるらしく、特定の技でバリアを破壊してからじゃないとダメージを与えられないみたいです。今回の戦闘システム、ずいぶん奥深いですね。
モンスターを撃破し、実地任務は終了。教官にも認めてもらえて、どうやらアスベルくんは正式に騎士になれるみたい。

騎士団入隊の前祝いに酒場で教官と飲んだあと(アスベルくんは未成年なのでジュースだったらしい)、騎士養成学校に戻ろうとしたところ学校の前でシェリアと再会。ここでアスベルくんのお父さんが隣国との戦争で死亡したという驚愕の事実を知らされます。
実はアスベルくんの故郷は今隣国から攻め込まれていて、その戦いでお父さんは戦死、その長男であるアスベルくんに故郷に戻るように手紙をだしていたんだとか。しかし、アスベルくんは実地任務に行っていて手紙に気付かず、返事が無いのでシェリアが直接王都を訪ね、アスベルへの知らせと王都バロニアへの救援要請にやって来たということらしい。

すぐさまシェリアと故郷に戻ることになったアスベルくん。しかし、どう見てもシェリアの態度がおかしい。前はあからさまなツンデレだったのに、いまはツンどころか話しかけてもそっけないし冷たい態度。その冷やかな態度を隠そうともしない。あれ?こんなに嫌な奴だったっけ。

戻ってすぐにシェリアのじいちゃんがさらわれたことを聞かされて、すぐに救援に向かう。そこで敵の兵器のおとりになった二人ですが、逃げ場をなくして大ピンチ。しかし、そこに突然ソフィー似の少女が登場。敵の兵器を撃退してしまいました。
再びラントに戻り、アスベルくんは騎士への道をあきらめて領主になることを決意。さっそく領主として敵の野営地に奇襲をかける作戦を実行にうつします。

敵の野営地へ身を隠しながら進める洞窟があるのでそこをシェリアとソフィーの3人で進行。服がびしょ濡れ、あっち向いててというラブコメ的展開がありましたが、それでもやっぱりシェリアは冷たい。アスベルといるときはもう最悪なくらいテンションが低い。かわいいからいっか。
ここのボス戦で初の全滅をあじわいました。ちょっと前に説明のあったバリアをはる魔物で、しかも毒攻撃をするやっかいな魔物をどんどん増やす。それに気付かずにただ攻撃をだしていたらあっという間に全滅しました。
ってか今回の戦闘システム、ほんとうに奥深いですね。魔物によってはアーツ技に弱いってやつがいてボーっとバースト技を当てていてもいつまでも死なないし、フリーランもCCを消費するという制約があるので回避もきっちり行わないといけないし。ヴェスペリアより難易度は高いかも。

洞窟を抜け、よっしゃー奇襲いくぜ!!と思いきや、野営地はものけのから。なんと敵はラントに侵攻を始めていたらしい。急いで街に戻ると時すでに遅し。街中は乱戦状態。
そこに現れたのがお久しぶりですヒューバート。軍の少佐に出世し、軍隊を引き連れラントを攻めていた敵をせん滅する大活躍。
しかし、あれ?こいつもなんかアスベルに対する態度がおかしいぞ。まさか・・・・。

そのまさかでした。戻ってきてやっと話をするなり、アスベルにラントから出ていけと。そんなのに納得できるはずがないアスベルくんはヒューバートと戦いますがあっさり敗北。結局、街からごみのようにポイッされちゃいました。

おいおいおいおい、なんじゃこれは。せっかく7年間養成学校で訓練してやっと騎士になれると思ったら、自分の街のことであきらめなくてはならなくなって、いざ街のためにがんばろうと思ったら作戦は大失敗で、そこを全部自分の弟においしいところを持っていかれて、夢を諦めてまで領主になることを決意したのにその領主という立場も奪われて、仲良しだった幼馴染は明らかに冷たくて、弟まですっかりキャラ変ってるし今までの自分がやってきたことを全否定されて、ゲーム開始数時間でここまでどん底に落ちた主人公はいるだろうか。しかも、本人の性格とかにまったく問題はないのに。

さぁ、どうなるアスベルくん。ってかWiiのテイルズがこんなに面白いとは。あ、WiiとかPS3とか関係なくテイルズだから面白いのか。

つづく

2009年

12月

Category:
ゲーム

テイルズオブ美青年騎士登場!!

自宅謹慎だというのにすぐさま家を飛び出して王都へ向かうアスベルくん。
王都についたらシェリアも合流し、とりあえずリチャードに会うことに。

リチャードことタイガーフェスティバル兄さんと再会。すっかりアスベルくんたちに心を開いてくれていて仲良しこよしです。
タイガーフェスティバル兄さんのおススメスポットの見晴らしのいい丘でみんなで語り合ったあと、再び王都に戻り、夜に城を案内してもらうことに。いったんタイフェス兄さんとはお別れ。

謹慎なのに王都に来てしまったことをお父さんにバレてしまったアスベルくんですが、なぜか今回はお父さんのものわかりがよく、王都に滞在できることに。
つか、どう考えてもヒューバートくんはお別れフラグ全開ですね。

夜になり、タイフェス兄さんとの約束の場所へ。しかし、待てども待てども兄さんは来ない。結局一同は兄さんを待たずに聖堂にあった隠し通路を侵入。
隠し通路内で「大人の力じゃないと開きそうにないや・・・」みたいな扉を発見。7年後にまたここにきて扉をあけるフラグですね。
ちょい進んだところで倒れているタイフェス兄さんを発見。「おい、何があった!?」なんていう暇もなくここからは勝手にイベント進行。

謎の魔物が現れ、シェリアとヒューバートは吹っ飛ばされ、アスベルくんにいたっては腹をグサッ&天井に叩きつけの刑。こりゃ死んだな。
そんな状況の中、ソフィーがいきなりかなり恐ろしい形相で敵を撃退。ヒロインなのに初っ端からこんな表情さらしちゃっていいんですか。
ソフィーが致命傷をおいながらも敵を撃退したところで気を失ったアスベルくん。

目が覚めると、いつのまにか自分の部屋のベッドの上。そこでお父さんからソフィーの死とヒューバートがほかの家の養子になることを聞かされ、アスベルくんは絶望。父の言う領主を継ぐということを拒否し、家を飛び出してしまいました。幼馴染のシェリアとも気まずいムードのままお別れ。

そしてついに7年後・・・・・美青年騎士(見習い)が登場!!

つづく

2009年

12月

Category:
ゲーム

テイルズオブほほえましい

ということで、期待の新作、テイルズオブグレイセスをさっそくプレイです。
ここ最近のテイルズは謎を秘めつつ、プレイヤーをわくわくさせるムービーでスタート・・・・・と思いきや、ムービー無しでいきなり本編スタートです。
ショタ兄弟が山で探検という、テイルズでは前代未聞のほのぼのスタート。
いきなり戦闘させられるし、戦闘システムがいままでとまるっきり違うしで戸惑いまくり。

花が咲き乱れる丘で謎の少女と遭遇。これまた謎な登場の仕方をするヒロインですな。
街に戻ると幼馴染っぽい少女が登場。どうみてもツンデレです。ほんとうに(ry
主人公はどうやら街の当主の長男だそうで設定的にどっかの劣化レプリカを思い出しますが、やんちゃで年相応に生意気なだけで、他人への思いやりもあるし、しっかりするところはちゃんとするとってもいい子です。

しばらくして事件発生。王都から来る大事なお客さんがモンスターに襲われているそうなので、はりきって救出に参加。でも、危険なことに首をつっこむ主人公にお父さんも厳しく接します。
そのお客さんがどうやら王都の王子様だそうで、主人公の持ち前の行動力でいっしょにさっきの丘に出かけることに。

丘についたらいきなり王子様の家庭教師が王子様のお命をいただきに参上。しかし、主人公とヒロインにぼこられてあっさり退場。子供にやられるなんて大丈夫かこの人。
今度は王子様が崖から転落。助けようとした主人公たちも一緒に崖の下へ。

ってなわけで、崖の下から3人で協力して脱出することに。最初はドライな態度だった王子もだんだん主人公たちに打ち解けてきました。そして崖の下から無事脱出。友情という言葉をストレートに口にしちゃう主人公。若いっていいですね。

その後、勝手に王子様を連れだした主人公はお父さんから大目玉。自宅で謹慎処分だそうですが・・・・・

けっこう長いですね少年編。新鮮なほのぼのテイルズもいいけど、そろそろ成長したアスベルくんを使ってみたい・・・。

2009年

12月

Category:
ゲーム

グレイセス買いました

テイルズシリーズの新作、グレイセスが届いたのでさっそくプレイしました。
ざっと第一印象だけあげると、

・PS3版ヴェスペリアのプレイ直後にやったせいもあるけど、やっぱ画質が気になる・・・

・16:9に対応してるのはいいですね。WiiのGジェネやってるときに16:9じゃないのがけっこう気になっていたので。

・戦闘システムはリメイクDみたいなCCを消費して攻撃を出すシステム。いろいろ新鮮なところがあってちょっと戸惑ってます。

・付けた称号によって習得できる術技やスキル、ステータスが変化するのは面白いです。プレイヤーによってキャラに個性が出ていいかも。

・やっぱWiiだけあってヴェスペリアと比べると動きはカクカク、画質はギザギザ。こればっかりは慣れるしかないですが。

・主人公たちの幼いころからゲームがスタートするんですが、小さいころの主人公も声優さんが豪華。探検とか言ってるやんちゃで幼い主人公たちを操作するのはこれまた新鮮です。

って感じでとにかくグレイセスは新鮮なことばかりです。久しぶりのいのまたテイルズってのもありますが。キャラも絵を見ただけですがみんな魅力的で今から楽しみ。ってかオープニングを見る限り、金髪の美少年キャラってリオンみたいなポジションになるフラグに見えなくもない。
久々にわくわくするタイトルに出会えた気がします。来週FF13が届きますが、しばらくプレイできないかも・・・(もとから興味ないのにノリで注文しちゃったのもあるけど)。