Children's War Blog

くだらないことを書いてますが、見ていただけると嬉しいです(>_<)

2011年

12月

Category:
日常

とりあえず年末なので

今年もいろいろありました。


海外行ったり、


会社?の上司の信用を失ってとにかく毎日が苦痛だったり。


なんとか食いしばった形で今年も無事に年越しをむかえることができそうです。


来年は平和に生きたいけど、まぁ無理なんだろうどうせ。


アーマード・コア5がやっと発売されます。
それだけが楽しみです。


何か検索して運悪くこのブログにたどり着いてこの記事を見てくださっている数少ない方々、よいお年をお迎えできるよーに祈っております。


では、よいお年を。

2011年

12月

Category:
ゲーム

ネプテューヌの



ネプテューヌの資料集的な本が届きました。

まだ内容は確認してないんですが、すごくボリュームがあって面白そうです。

実家から戻ったら読んでみたいと思います。

2011年

12月

Category:
ゲーム

ff13-2 No.6

今回の舞台はAF400年の新都アカデミア。


ついた途端、カイアスの登場と共に突然街の住人がシ骸化。
すごく綺麗な都市なのにゆっくり景色を見てる暇もありません。


カイアスを追ってパニック状態の街を進むとゲートの前でユールと遭遇。
オーパーツを渡してくれましたが、同時に息絶えてしまった様子。


アカデミアにいたカイアスの真意、封印された歴史など謎が謎を呼ぶ展開ですが、休む間もなくゲートをくぐってアガスティアタワーってところに到着。


ここにもカイアスの姿がありましたが、パラドックスの影響で先に進むことができず、違う時代のアガスティアタワーで鍵を手に入れなければいけないらしいです。


ここからはワイルドオーパーツという使いきりのオーパーツを使って違う時代のアガスティアタワーに通じるゲートを探さないといけないんですが、
使う場所をことごとく間違え、ワイルドオーパーツが無くなってしまい攻略に行き詰まってしまいました。


2時間くらい試行錯誤してみましたが、結局先に進まず、攻略サイトに頼ることに。


そーいえば、アルカキルティ大平原で巨大サボテンダーを仲間にしたけど性能微妙だったな。成長させれば強くなるのかな。


2011年

12月

Category:
ゲーム

ff13-2 No.5

スノウが巨大プリンと戦っている時代のパラドックスをなんとかするため、アルカキルティ大平原へ。


ここでは原因不明の嵐のせいでモンスターが減って狩りがままならず、ハンターたちがピリピリしてます。


そこでハンターさんたちのお願いを聞いてあげると心を開いてくれるぞってシステムにも説明されたので、ハンターさんのおつかいをすることに。


いたずらゴブリンを倒したり、羊を追っかけて毛を手に入れたりとハンターさんのおつかいを済ますと天候を操れる装置が使えるように。


天候をうまく操って嵐の原因となってるモンスターを倒し、ここでの目的は達成。このモンスターが吸い込んだプリンがスノウのいる時代に飛ばされていたみたいです。


さっそくスノウのいるサンレス水郷に戻るとまだ原因は解消されてない様子。
ってことで別のゲートの行き先であるコロシアムに行くことに。



コロシアムではすんごく怖い謎の人物に出てけと言われましたが、意外とあっさりとフラグメントをくれました。


再びサンレス水郷。
パラドックスの原因を解消したおかげで巨大プリンはずいぶんとみすぼらしい姿に。
さっさと倒してこの時代のオーパーツをゲットしました。
スノウはセラたちと同じゲートをくぐれないようなのでここでお別れ。
どうやらスノウはまたルシになってしまっているみたいなんですが、そのへんの事情も気になりますね。

2011年

12月

Category:
ゲーム

ff13-2 No.4

ってことでAF1X年の世界。



ホープくんたちの記憶は改変されてセラとの再会が無かったことになってましたが、事情を話すとすんなり理解してくれた様子。


予言の書に変化が起きてコクーンが落ちるというビジョンが。
それをなんとかしようと目的を新たに決心するセラ。
それに茶々を入れてくるアリサ。歴史が変わって嫌なやつになっとる。
おまえ、過去でお墓探しとか巨人討伐とかめっちゃ協力してやったことも忘れたのか。



次にゲートをくぐって着いたところは時空の狭間やらなんやらの謎の空間。
ここでは特に何もせず次の時代へ。


AF300年。着いた先でいきなりスノウと再会。めっちゃイケメンになっとる。


スノウの話ではここにいる巨大プリンがクリスタルの柱を少しずつ溶かしていって、未来に起こるであろうコクーン墜落につながるんだとか。


とりあえずプリン大増殖の原因がパラドックスのせいであると推測し、原因解消のためにゲートとオーパーツを探すことに。


ここで新たなアクション「モーグリ投げ」ができるようになるんですが、なんか楽しい。


ここでは2つのオーパーツを発見。スノウと別れ、次の時代へ。


何回か巨大プリンに挑んでみたのですが、即全滅でした。

2011年

12月

Category:
ゲーム

ff13-2 No.3

次の舞台は10年後。そこで早速ホープくんと再会。


あんなに可愛らしかった少年がすっかり成長して頼れる大人になってたのは時代の流れを感じるなぁ。



この時代のオーパーツはホープくんが持っていたのですぐに目標達成。
パラドックスは解決してないですが、とりあえず次の時代へ。



今度は200年後の世界。ヴァニラとファングの故郷だそうです。


ここでは時空の歪みが交叉してるみたいでパズルゲームみたいなのを解きながら進行。


奥の方でヴァルハラでライトニングさんと戦ってた男と遭遇。
いきなりボス戦に突入します。


ブラッドダメージでセラのライフは300くらいまで上限は下がるわ、敵の回復に与えるダメージが追いつかないわで初戦は惨敗。


2戦目もあっさり負けましたが、召喚レイドにディフェンダーのHPが高いモンスターを組み込んで挑発コマンドでひたすらおとりを引き受けてもらった結果、


安全に攻撃も回復も行うことができ、あっさり勝てました。
このゲームの戦闘の楽しさがちょっと分かった気がします。


次は今回の行動で歴史が変化したAF10年の世界。
どんなふうに時代が変わってるか楽しみです。

2011年

12月

Category:
ゲーム

ff13-2 No.2

ゲートから出ると、いきなり謎の巨人との戦闘があったり、軍に捕まってしまったりと波乱の展開。



そこで出会ったアカデミーの少女の機転で軍の誤解はとけ、解放してもらいましたが、その少女の願いを叶えるために謎の巨人を倒すことに。


ノエルくん曰く、ゲート付近ではその時代にあるはずの無いものが出現したりして時空が歪んでるんだとか。



とりあえず、時空の歪みをなおして、オーパーツを手に入れ新しいゲートを開くのが当面の目的のようです。


ちょっと進んだところでモンスターを仲間にできるようになりました。
これが戦闘の幅が広がって面白い。


モンスターはアイテムを使って成長させられるし、モンスターによって戦術も変わってくるしで、いろいろ考えるのが楽しいです。


謎の巨人を倒すには真っ向勝負するか巨人を制御してる装置を探すかの2パターンがあるあたり、一本道だった前作から改善されてますね。


謎の巨人を倒したところでこの世界の目的は達成。
今回はオーパーツが2種類手に入り、次の目的地が二ヶ所から選べるみたいです。



それにしても、今作はすごく面白いです。
前作で不満だった場所をしっかり改善してるし、いろんな要素が増えてすごくパワーアップしてます。

2011年

12月

Category:
ゲーム

ff13-2 No.1

ってことで、FF13-2のプレイ日記つけたいと思います。


前作は下界におりたところでライトニングさんが雑魚敵の「むさぼる」で一撃で死んだところでプレイを断念してしまいました。


とりあえず、スタートしていきなりライトニングさんと謎の敵とのバトル。


相変わらず映像綺麗ですね。



寒くて手がかじかんでるときにシネマティックアクションのボタン連打がくるとちょっと焦る。


新キャラのノエルが登場したところで舞台はセラの住んでる村に移り変わります。


自分の着てる服が突然変化し、焦るセラ。
前の服も好きでしたけど、今回の服装もぴっちりしてていいですね。


ノエルが言うには、ゲートを開く鍵となるオーパーツってものを探してゲートをくぐって旅をしてればライトニングさんに会えるんだとか。


ってなわけで、セラのお姉ちゃんを探す旅がスタートです。

2011年

12月

Category:
ゲーム

ファイナルファンタジー将-2買いました。




FF13-2買いました。


前作はクリアしてないし、あまり良い印象も無かったんですが、



ネットでの前評判を見て衝動買いしちゃいました。


でも、今回セラを自分で操作できるのは嬉しいですね。

2011年

12月

Category:
アニメ

ガンダム00の劇場版見ました

DVD借りて見ました。


刹那とアレルヤが超イケメンになってることにいきなり興奮した。


個人的にアレルヤ(ハレルヤ)とマリーが追っかけてくる自動車から逃げるアクションシーンはかっこよかった。



ってか新型ガンダムめっちゃかっこいいです。
サバーニャが一番好きです。戦闘シーンが常にELSの大群に覆われてすごいことになってますが、ロックオンは狙い撃つから乱れ撃つスタイルになっててMSの戦闘は見ごたえ抜群だった。


ラファエルもティエリアの機体にしてはすごくスマートで良いデザインです。
登場してすぐに自爆しちゃったところが残念だった。


それぞれのキャラクターの2nd最終回のその後が描かれていて、00の完結に相応しい素晴らしい映画だったと思います。


最後に刹那がすごいことになっててびっくりしましたが。