Children's War Blog

くだらないことを書いてますが、見ていただけると嬉しいです(>_<)

2008年

03月

Category:
ゲーム

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドより恐い話

今日はWiiのザハウスオブザデッド2&3リターンの発売日。お金もちょっとあるし暇なので買ってみようと朝っぱらからブックエースに行ってきました。
別に売り切れるとは思ってませんでしたが、開店より三十分ほど早くブックエースに着きました。すると入り口の前に短い列が。そーいえば今日はバイオハザード?のレンタル開始日。こうなるくらいは予測できましたが列には何故か専業主婦系午後のワイドショーをみてそうなおばさん集団が。僕の後ろの方で偉そうに語っているおっさんが韓流系のなんかだろうって話をしてました。その後もそのおっさんが大声で「DVDなんて簡単にコピーできるんだ」とかウザい自慢をしているのに耐え、あと4分で開店ってとこで僕のうしろの中年女性がいきなり僕の前に出た。おっさんのせいでイライラしているところにさらにストレスが溜まったが、実はそんな場合ではなかった。後ろから走って店に突入してくるおっさんやらおにーさんやら人前で平気でPSPやっちゃう女子やら。なんと店が開店時間前に開いた(ような気がする)。そう、これはまるでディズニーランドの開園と一緒だ。僕も流行りに乗ろうとDVDレンタルのコーナーに行ってみた。まだバイオはあった。僕はフツーにゲットできたんですが恐いのはその後。僕のいるほうへ伸びてくる無数の手。僕のいるほうに突っ込んでくる男たち。バラバラと店内の混乱によって落ちてくるバイオ以外のDVDたち。そう、いつもはここら辺では一番大型のブックエース(かなり田舎なので僕たちのオアシス的存在)が一瞬で修羅場と化したのだ。そして今日レンタル&発売されるバイオ3、ソウ4、ハウス2&3、そして韓流。このメンツがなんともこの修羅場を盛り上げている。僕は今日知った。ここらの人はたかがレンタルのために恥をかいてまで走ることを。ってか田舎だから恥知らずってやつか。もうこんなオバハン&おっさん集団に揉まれるのはこりごりだ。今日のことは絶対に忘れないだろう。

あ、そーいえばハウスのほうは無事にゲット。ザッパー付と銃型アタッチメントで6360円。やっぱザッパーは任天堂の純正だから使い心地グッドですね。900円くらいの安物の方はスプリングが強いし、ヌンチャク接続用の端子がささりっぱなしなのでリモコンが五分たっても電源切れないしで色々不自由だったけど分解してボールペンとかのスプリングに交換して端子もとってしまえば全然OK。まぁ、安物なので作りは雑だし、トリガー引くたびキュッって音がしてうるさいですがちゃんと使い物になるので普通に使う分には問題なしだと思います。

ザッパーと安物

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら