Children's War Blog

くだらないことを書いてますが、見ていただけると嬉しいです(>_<)

2009年

05月

Category:

ヴェスペリア 漫画

角川から出版されている「ヴェスペリアギャグ漫画劇場 ているずV」という本をAmazonで見かけて、興味があったので昨日ツタヤに行って買ってきました。
ゲームを原作としたギャグ漫画や4コマ漫系は僕にとっては小学生のころに買った爆ボンバーマンの4コマ漫画劇場以来です。表紙がかっこよかったし、ネットでの評判も良かったので買うに至りました。

内容としてはふつうの漫画と4コマ漫画が混ざった形式。ちゃんとゲームにそった内容で展開するのでネタバレももちろんありです。1巻はだいたいゾフェル氷刃海あたりまでの内容。
特筆すべきなのがすさまじいキャラ崩壊。特にエステル。事前に調べていてわかってたけど、とんでもなく腹黒です。ってか怖い。
次いでラピードがアホ犬になった。あとはゲームとあんまり変わらないけどジュディズがちょっとブラックかな。
とにかく、エステルは強烈ですよ。まさに女王様。この人を中心に物語が進んでると言っても過言ではない。
個人的にはドンの孫が特訓するカロルに剣を貸すエピソードが面白かった。
評判通りヴェスペリアをやったことがある人ならかなり楽しめると思います(ゲームのエステルが大好きな人を除く)。
あと、1コマだけだけどリタの制服姿が見られたのはおいしかった。
ってかますますヴェスペリアがやりたくなった。早くPS3版発売して欲しいです。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する